桐谷隼人(きりたに はやと)のプロフィール

桐谷隼人
はじめまして、桐谷です。プロフィールを見て頂きありがとうございます!!プロフィールでは桐谷がネットビジネスを始めたきっかけ〜稼げるようになったきっかけなど知ってもらえればと思います。

桐谷隼人のプロフィール

桐谷隼人

プロフィール

学歴▶︎高校中退(中卒)

職歴▶︎パチンコ屋のアルバイト・派遣工場・日雇い

出身▶︎大阪

年齢▶︎23歳

現在▶︎ネットビジネスで会社経営してます。(ネットビジネスの種類の内訳はSEO・ブログ・アフィリエイト◼︎メディア運営◼︎コンテンツ販売です。月収100万以上稼いでます。)

経歴

卒業1日前に高校中退▶︎中卒▶︎東大受験失敗▶︎鬱病引きこもり▶︎パチンコ屋のアルバイト▶︎派遣工場(手取り17万)▶︎パチプロ▶︎ネットビジネスで起業(現在月収100万over)

ネットビジネスで月収100万稼げるまでの道のり〜

ネットビジネスを始めたきっかけ

桐谷隼人
ネットビジネスを始めたきっかけは2014年の高校3年の頃、大学在学中に資金が無くても起業できるビジネスはないか調べていました。「起業 安価でできるもの」みたいな感じで調べたのを覚えています。ちなみに、桐谷は小学6年の頃から、社会不適合だと悟っていたのですが、社会で働きたくないので起業しようとおもいました。そして出逢ったのが、資金が無くても取り組めるネットビジネスでした。最初は右も左もわからなかったので、「ネットビジネス おすすめ」で検索したりして、検索上位に出てきたサイトのメルマガを片っ端から登録してました。勉強をベースの思考なので、まずは情報をインプットしないと何も始まらないと思っていたからです。結局、大学に進学することもなく、高校も中退してしまい人生底辺でしたが、ネットビジネスで人生を一発逆転しました。ここまでが桐谷がネットビジネスを始めるきっかけです。

家庭環境は日本のカースト制度最下位で育った

実家は団地で、20年以上団地で過ごしてきました。

母親が高校中退(偏差値38の高校)の中卒、父親が小卒(中学校すら卒業していない)の家庭環境で育ちました。

両親を悪く言いたいわけではありませんが、遺伝子的にも頭が悪く、大卒すらいない家庭なので教育は平均以下の家庭で育ちました。

とは言え、現在では月収100万以上稼げるようになり、自営業なので休もうと思えばいつでも休めますし、寝る時間も起きる時間も全てが自分で感がて行動できて自由なので社会で働いていた時よりも幸福度は高めです。

しかし、ネットビジネスで月収100万以上稼げるようになるまでにはそれなりに修羅の道を歩んできました。

ここからは、桐谷がネットビジネスで月収100万稼げるようになるまでの経歴を語っていきます。

15歳〜18歳(高校時代):大学受験が失敗・失恋・高校中退・人生絶望・抜け殻状態

ネットビジネスを始めたきっかけでも少し語りましたが、2014年にネットビジネスを知り、当時は18歳になる年齢でした。

学生時代は本気で東大を目指しており、青春を全て捧げていいと思っていたので勉学に励んでものの、間違った努力を続けて東大受験は失敗。

高校時代は何をしてもうまくいきませんでした。

恋愛・大学受験、全て失敗という結果で終わりました。

恋愛に関しても、少女マンガのような恋愛を描いて、理想が高かったです。

元々、大阪に住んでおり東京大学に受かる前提でいたのと、付き合う異性とは真剣に結婚前提で交際したかったので学生時代に同じ学校の人と付き合っても遠距離で別れてしまうと思っていたので付き合いませんでした。(そもそも同じ学校に好きな人がいなかった。)

そこから、SNSで勉強の報告をしていたら東京の女の子と仲良くなったのですが、それが地獄の始まりでした。

結果的に言うと、一度も会わずに終わったのですが、当時の自分は彼女を失うと理想の恋愛ができないと思ったので、冗談抜きで高校時代は1万回位泣きました。

ここから全てが狂いました。

高校1年の後期の単位は1単位しか取れず、(不登校で三角座りしてTwitterしてたのを覚えてます。)留年確定。

泣きすぎて、心臓発作、ニキビだらけ、歯も磨かないくらい鬱になり虫歯で歯が欠ける...。

当時の記憶ガチ目に記憶喪失で一部覚えてないんですが、通勤してても、教室にいても泣いていたことを覚えています。

iphoneで音楽をよく聴いたんですが、中でもずっと聴いていたので、「初音ミクのCalc.」です。

歌詞が、自分との境遇が同じで何千回も聴いて盛らずに高校時代は1万回泣きました。

よければ、聴いてみてください。

当時の自分を思い返すと努力してたものの、プライドが高く間違った努力を続けたことを認められず自己否定できないまま成績が伸びずに受験勉強は上手くいかなかったのが敗因です。

実際に自分では気づいていたものの、プライドが高くて自分が間違ったことを認められずに、これまでの人生は正しいと自己肯定していました。

また、家庭も貧乏で予備校に通えるお金もなく、自称進学校の教師とは仲が悪く勉強を教えてもらえる環境ではなかったのと、アルバイトできる環境でもなかった(アルバイトできてもプライドが高くて働かなかったです。)ので参考書で独学をしていました。

結果的に、死ぬほど狂うほど努力しましたが、恋愛も東大受験も失敗に終わりました。

ちなみに、現在でも親友は東大に現役合格しました。

もちろん、今の自分を形成しているので、無駄なことではなかったですが、失恋をして1万回泣いたので心身ボロボロになりました。

そして、大学受験は失敗に終わり、死んでも東大に行きたかったので浪人する道を選びました。

18歳:高校卒業1日前に中退して中卒・浪人時代(実質無職)突入からのパチンコに依存

2015年3月、高校卒業の1日前に桐谷は中退しました。

理由は、高校を4年以上行かないと卒業できなかったからです。

高校1年の段階で単位を取れないので、最低でも4年行かないと卒業できませんと言われていました。

当時は、高卒認定(大検)をとって中退して、東大受験すればいいと楽観的でした。

高卒認定(大検)だけはとっておいて学校の籍を置いておきました。

結果的には、高校卒業1日前に中退しました。

その後は、浪人すると決めていたので、浪人したのですが、予備校に行くお金もないので宅浪(自宅で勉強)です。

正直に言うと、高校時代の頃から、努力をし続けたものの、一向に偏差値が上がらなくてメンタルはボロボロでした。

さらに加えて失恋してダブルパンチで精神状態が死んで鬱状態で東大に受かりたい感情だけあっても八方塞がりでした。

浪人時代には失恋も消えていたのですが、勉強しても全く頭に入らない脳みそになっていました。

というのも、鬱病を経験した人間ならわかると思いますが、勉強しても全然頭に入らないんですよね。

鬱病を発症してから、物覚えが明らかに悪くなりました。(今も後遺症が残ってバカになってます。)

気持ちだけは東大に受かるという思いだけが残り、抜け殻状態の自分を見て父親にパチンコ屋に連れて行かれました。

東大を目指していたときは頭が堅かったので、不真面目でパチンコ屋になんて行きたくなかったんですが、母親に車で連れて行かれました。

今でも覚えてるんですが、パチンコ屋に入って、 鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁という、難関大志望なら誰でも知っているであろう鉄壁の英単語帳を持ってパチンコ屋に入りました。

それから、自分はまんまとギャンブルにハマりました。(今覚えばよかったです。)

大学受験のことは頭から忘れ、気分転換するかのように毎日パチンコ屋に行きました。

当時はおじいちゃんからお小遣いを1万5千円もらっていたのとビギナーズラッグで勝ち越していました。

調子が良かったのも束の間、勝ったお金も全てスロットに溶かしてしまい、支払いだけが残り実家も貧乏でどうしようもなかったので、働くことになりました。

絶対に働くのが嫌だったんですが、人間窮地の立たされるとやるもので、当時スロットが好きだったのでパチンコ屋のアルバイトに勤めることになりました。

19歳〜20歳:パチンコ屋のアルバイト・日雇い・派遣工場

支払いが出来てしまい、働かざるを得ないのでパチンコ屋のアルバイトをしました。

小6から社会不適合者と悟った桐谷ですが、実際に働いてみた結果、パチンコ屋のアルバイトは2ヶ月で辞めました。

その後、派遣工場で働くことになりました。

実際に開けん工場で働いてたときの給与明細

派遣工場の時の給料明細

社会不適合で、一人で黙々作業するのが好きなので割と工場は合っていたのですが、飽き性の自分は合わずに半年持たず5ヶ月で辞めました。

 

21歳〜22歳:パチプロ・

 

 

実家の団地

月収100万 実家の団地 実家の団地 実家の団地

桐谷隼人
高校時代は、東大受験を目指していました。中学時代は

青春を犠牲にして東大を目指すもボロボロになり高校中退

桐谷隼人
高校時代は、東大受験を目指していました。中学時代は

年金催促 パチンコ屋のアルバイトの給料明細

 

 

LINE友だち追加

2020年3月28日

Copyright© 中卒底辺がネットビジネスで起業して月収100万達成して人生逆転したブログ , 2020 All Rights Reserved.